40代の転職を成功させるために

どうやって求人を探すか

40代の転職は20代・30代と比較して厳しいものになりがちです。通常の求人誌やハローワークの求人を見てみると、その多くは年齢に関する条件が書かれています。中には50歳~60歳までの求人も見られますが、35歳や40歳など、40代の方では応募できないケースも少なくありません。このため40代の転職を成功させるためには、求人探しの方法をしっかり考えることが重要になります。

40代で転職をする際、特に利用したいサービスが転職エージェントです。転職エージェントは、インターネット上にある転職サイトや、求人サイトが提供していることがあります。主に企業とのマッチングを行ってくれるサービスで、転職希望者には専門スタッフが担当に付いてくれます。自分の希望条件や過去の経歴などを元に条件に合った求人を紹介してくれるため、転職活動の効率を高めることができます。時間の節約にも繋がるため、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

転職サイトおすすめの比較ランキング

ノウハウを活かした転職を

20代・30代の転職の場合、転職を通じて新しい仕事にチャレンジする方も中にはいます。しかし、40代になると少々厳しい場合もあります。何の知識も持っていない、経験を活かせない業界への転職を希望するなら、転職活動の期間も長期に及ぶ覚悟が必要になるでしょう。内定までに半年以上時間がかかってしまう場合もあります。このため、40代の転職は今までのノウハウを活かせる求人を探すことが重要です。

逆にノウハウは40代の転職で活かすことの出来る強みになります。20代・30代の場合と違い、今までに積み上げてきた知識や経験がこちらにはあります。これらを強みとして活かすことが可能なら、転職活動での大きな武器となるでしょう。求める側の企業にとって、即戦力として活躍できる人材は非常に魅力的なのです。

ノウハウを活かすためには、いつから転職活動を開始するかもしっかり考えておきましょう。40代の場合、転職活動は基本的に早ければ早いほど有利になります。条件の良い求人は希望する人も多く、うかうかしているとライバルに先を越されてしまうことがあります。転職活動を始めた頃には、応募が締め切られている場合も珍しくありません。退職前から転職準備を進め、求人チェックを始めるのが良いでしょう。転職を成功へと導くためにはスピーディな行動が重要です。

履歴書・職務経歴書の重要性

転職エージェントや自分で探した求人へ応募した後は、企業からの連絡を待つことになります。その後書類選考へと進む求人も少なくありませんが、この時必要になるものが履歴書や職務経歴書です。これらの書類は書類選考を通過するためだけでなく、採用そのものを大きく左右するほど重要な役割を担っています。40代の転職を成功させるための大切なツールです。人柄やコミュニケーション能力は、担当者との面接を通じて伝えることができます。ですが、今までの経歴や保有スキル・ノウハウを伝えるためには履歴書や職務経歴書が欠かせません。内容をしっかり盛り込んでおけば、これらの書類だけで自分をアピールすることが可能になるのです。

履歴書と職務経歴書は、面接とほぼ同じ位の重要性を持っています。書き方が難しい書類でもありますが、できるだけ簡潔に書くようにするのが良いでしょう。履歴書や職務経歴書を読む相手は機械ではなく人間です。あまり長々とアピール文などを書いても、まとめる能力がない、ダラダラしているなどの印象を与えてしまう場合があります。途中で読むのを止めてしまうこともあるでしょう。全てにおいて簡潔に、かつポイントを絞って書くことが重要です。書き終わったら、誤字や脱字が無いか、書き忘れたことは無いか最後に確認しておきましょう。

40代の転職はモチベーションの維持が重要

何故転職するのか考える

40代で転職する方は少なくありません。その理由も様々ですが、何故転職したいのか、どうして転職が必要なのか、しっかりと考えることが大切です。明確な転職理由を持つことは、自分自身に多くのメリットをもたらします。求人へ応募する際の志望動機に繋がることはもちろんのこと、面接時に転職の理由を問われてもちゃんと受け答えできるようになるからです。逆に言えば、転職する理由を明確にしておかなければ、様々な場面で苦難を強いられることになるでしょう。転職するからにはちゃんとした理由・動機が必要です。転職する際には、今一度考えてみると良いでしょう。

また転職する理由があれば、その後の目標や将来のビジョンを持つことができます。転職をすることによって自分は何をするか、数年後の自分はどうなっているかなど、じっくり考えられるようになります。その姿を想像できればビジョンに向かって頑張って行けるため、自然とモチベーションを上げることが可能になるのです。転職は会社から逃げるためのものではなく、より良い生活を得るための手段でもあります。将来の自分のためにも、しっかりビジョンを見据えるようにしましょう。

家族の同意をしっかり得る

転職すると一時的に失業することになります。このため、家族を養っていくためにも必ず同意を得なければいけません。ハローワークへ通いながら失業給付を受け取れば、金銭的な問題は一時的に解消することはできます。しかし失業給付はあくまでも一時的なものであり、その間家族を養えたとしても同意を得られた訳ではありません。生活を守っていくためにもちゃんと家族と話し合い、納得してもらうことが必要になるでしょう。

家族には一時的に負担を強いることになる場合もあります。しかし、40代の転職には家族の協力が必要不可欠です。生活面での協力を求めることはもちろん、困難に立ちはだかった時、それを支えてくれる人がいなければ挫折してしまう可能性もあります。家族の支えは非常に重要で、転職活動に専念できるばかりか、モチベーションを高め行動を起こすことが可能になります。転職の際に多くの方が恐れてしまうのは家庭崩壊です。転職が中々うまくいかず、仕事が見つからないと貯金だけが減っていきます。モチベーションも下がり、最終的に転職を諦めてしまう方もいます。そのようにならないためにも、しっかり家族に支えてもらうことが重要です。

生活資金への不安を無くす

家族の同意を得られたとしても、生活資金への不安が残ってしまう場合もあります。転職活動はおよそ2~3ヶ月、長期間になると半年以上かかってしまうケースも少なくありません。そのため、転職活動を始める前にはある程度貯金しておくことを忘れないようにしましょう。最低でも半年程度の生活資金を確保しておけば転職活動に専念することができます。

転職は生活するためのお金がが必要になるほか、様々な費用が発生します。例えば面接へ行く際の交通費、履歴書や職務経歴書などの雑費、場合によってはセミナー代もかかります。一つ一つは大した額でもありませんが、ちりも積もれば山となります。1ヶ月で数万円単位の出費になることも珍しくはないのです。

生活資金に余裕がなければ、焦りが出てしまい転職に失敗する可能性が高くなります。また、精神的に余裕が無くなるとモチベーションも下がってしまうでしょう。しかし、生活資金への不安が無くなれば精神的な負担は軽くなります。転職活動に集中できるため、モチベーションを高めることもできます。40代の転職だからこそ生活資金は重要な問題です。家族に協力してもらうことも含め、しっかり不安を取り除いておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>